1. ホーム
  2. 旭川駅舎史

旭川駅舎史

駅の正面の移り変わり

  • 明治31年

    明治31年
    写真を拡大
  • 昭和27年

    昭和27年
    写真を拡大
  • 昭和43年

    昭和43年
    写真を拡大
  • 新駅の外観

    新駅の外観
    写真を拡大

駅舎内の様子

  • 明治25年の旭川村

    明治25年頃の旭川村
    写真を拡大
  • 現在の駅舎内

    現在の駅舎内
    写真を拡大
  • 新駅の内装

    新駅の内装
    写真を拡大

ホームの様子

  • 明治31年

    明治31年
    写真を拡大
  • 現在のホーム

    現在のホーム
    写真を拡大
  • 新駅のホーム

    新駅のホーム
    写真を拡大

上から見た路線

  • 明治37年

    明治37年
    写真を拡大
  • 旭川駅

    旭川駅
    写真を拡大
  • 平成22年の旭川駅

    平成22年の旭川駅
    写真を拡大

高架

  • 明治32年

    明治32年
    写真を拡大
  • 平成22年

    N_2722
    写真を拡大

忠別川の変身

  • 昭和60年航空写真

    昭和60年航空写真
    写真を拡大
  • 北彩都航空写真

    北彩都航空写真
    写真を拡大
  • 忠別川

    忠別川
    写真を拡大

ページの先頭へ戻る

駅舎史 年表

明治23年(1890)
上川郡に神居、旭川、永山の3村設置
明治24年(1891)
忠別橋(当時は神居橋と呼ぶ)が架橋
明治26年(1893)
上川神社仮殿創建(現宮下5丁目付近の河川敷)
明治29年(1896)
空知太~旭川間鉄道工事着工
明治31年(1898)
旭川駅営業開始(初代の旭川駅)
明治32年(1899)
国鉄旭川工場(煉瓦造建設物)
明治37年(1904)
利用増加による改善
大正2年(1913)
二等駅昇格(二代目の旭川駅)
大正5年(1916)
神楽橋(当時は神楽岡公園橋)が末橋で架橋
大正10年(1921)
旭川駅前、師団司令部前間に定期乗合自動車営業開始
大正11年(1922)
市制施行
大正13年(1924)
上川神社を神楽岡御料地内に遷宮
昭和9年(1934)
神楽岡(初代の永久橋)架橋
昭和12年(1937)
駅前広場が都市計画道路「永隆橋通」の一部として計画決定
昭和24年(1946)
日本国有鉄道発足
昭和35年(1960)
現在の駅舎である民衆駅完成(三代目の旭川駅)
昭和43年(1968)
函館本線が複線として完成
昭和44年(1669)
函館本線が電化開業
昭和47年(1972)
宗谷本線複線高架が完成
平和通り買い物公園恒久化オープン
昭和62年(1987)
国鉄民営化、大規模空閑地創出
平成4年(1992)
歳拠点総合設備事業調査地区採択
平成8年(1996)
鉄道高架・区画設備・関連街路の各事業採択
平成10年(1998)
北彩都あさひかわ設備事業本格着工
平成22年(2010)
鉄道高架一時開業(予定)
平成23年(2011)
新しい旭川駅舎(四代目)オープン(予定)

旭川エスタ

ターミナルホテル

パティスリー サロンドール

ケーズファクトリー

QueenzK(クイーンズK)

はんじょう亭

くぅふく倉庫

Sunny Garden(サニーガーデン)

fica(フィーカ)

旭川駅の周辺マップ

旭川駅のつぶやきステーションなう